ねっこのちから

2017年10月07日(土) | 保育

おうちえんTelacoya921はいよいよ来春に引越しをすることにしました。

この住宅地のど真ん中で初めて7年。次の4月で8年目を迎えます。

移転をする理由は、今のままのtelacoya保育を継続しつつ、海にも山にも歩いて行ける中で、目の前に畑があったり、もっと電気や水のことを考えたりする拠点にしたいと言う気持ちがあったからです。

またこの春にアメリカで学んできた知識を活かしたく、その可能性も見いだせる場所を帰国後すぐに探していました。

スタッフとそれらのことを進める中で、他にも今までにないような様々なチャンスを頂き、スタッフ一同で考える機会を多く持つことが出来ました。

それは、私たちが「子どもたちのために」と言うたった一つの目標のために今まで邁進してきた保育を見つめ直す機会にもなりました。

もう一度原点に戻ることも出来ました。

その上で、私たちは変わらず「子どもたちのために」だけを大切に保育をしていきます。

何事にも、最初に始めようと思ったその時に大切にしたいと思ったことがあるはずです。

例えば、政治家の方だって、最初は、、、はじめの一歩の時は、「国民のために」「市民のために」「人のために」「困っている誰かのために」出来ることをしようと立ち上がるはずだと信じています。それでも、中に入ってみたらそこにあるものに巻かれて思うように動けなかったり、目的に向かうために不本意に感じることをしながらものすごい遠回りを強いられたり、中にはお金と権力に負けたりする方もいるのだと思っています。それでも目的に向かうことに対してブレずに進み続ける方もいると思います。簡単なことではないと思いますが、最初に大切にしたいことは何だったのか?自分に問い続けることが大切に感じます。

私たちは「子どもたちのために」このたった一つを追求する園を作りたいと思って来ました。

そのために、自分たちは良いと思っているこのtelacoyaの保育をどうしたいと思っているのか?

広げて行くのか?

深めて行くのか?

私たちの出した答えは深めて行くと言うことでした。

小さな園だけど、ここから出て行った子どもたちのねっこを作っていると信じているから。

そのねっこを広げるのも、枝葉を広げるのも、あとはその子次第。

「ねっこのちから」を信じている。

卒園児の保護者の方からこんな話を聞きました。

卒園児のAちゃんのクラスには、発達が少しゆっくりでみんなの手伝いが必要な友だちがいるとのこと。その子に対して、クラスの友達は赤ちゃん扱いな言葉を使いながら、出来ないと決めつけて全部手伝ってしまうことに違和感を感じていると Aちゃんがお母さんに言ったそうです。みんな優しくて手伝おうと言う気持ちに溢れていて悪いことをしている訳ではない。でも、Aちゃんは「あの子はきっと待っていてあげたら、ゆっくりでも自分で出来ると思うんだ。でも待ってあげるより、みんなはやってあげちゃう。どう言ったらいいかな?」と。

telacoyaでは縦割り保育で、大きい子が小さい子を助けることが常となっていますが、全部やってあげちゃうのは小さい子の出来る可能性を無くしてしまうことだから、どこまで出来るかな?あ、困っているな?でも自分でやろうとしているかな?そろそろ手伝った方がいいか声掛けようなか?と「見守りながらのお手伝い」を心がけるように伝えて来ました。

小さくても出来ることもある。

そばで誰かが暖かい目で見ていてくれたら、やってみようと思えることもある。

出来た時に側でにっこり「出来た」を共有してくれる人がいると、一人で出来た時よりももっと嬉しい。

Aちゃんは在園時からこのような感性を持ち合わせた子でしたが、卒園してからもその視点が変わらなかったことをお母さん自身が嬉しかったと伝えてくれました。

お母さん曰く、3年生にもなってすっかり小学生らしくなり、それはそれで当然のことながら生意気にもなって来たそうですが、「あ、これってtelacoyaだ!」と思える今回のことがやっぱり嬉しかったそうです。

これを聞いた私たちはやっぱり「ねっこのちから」を信じて行こう!と改めて思えるのでした。

人に優しくしなさいと教えられたら、子どもは人に優しくしようとする。

本当の優しさとはどんなことか?

その人がして欲しいと思っている優しさとはどんなことか?

自分がしてあげたいことと相手のして欲しいことは同じかな?

ねっこの部分をしっかりと伝えて行きたいと思います。深く心に残っていくように。そしてそのねっこを持った子どもたちは、枝葉を広げる中で、時には大嵐にあって幹が折れてしまうこともあるかもしれない。それでも大丈夫。しっかりとねっこを張っていたら、また葉を出し、枝を広げることが出来るはず。何度でも。

子どものねっこのちからを信じるためにも、そのねっこがヒゲのように細い頃から大切に育てたい。ヒゲのような細いねっこが進めなくなったら、そっと気づかれないように土を掘り返しておきたいし、自分で進めるちからを持ったなら、美味しい土をそっと気づかれないように足してあげたい。

子どもたちのために、子どもたちの「ねっこのちから」を育む大切な仕事。

そんな仕事につけて本当に涙が出るほどシアワセです。

 

 

 

 

非認知能力の過小評価

2017年07月18日(火) | 保育

telacoyaでの保育はただ森の中や海、山と言った自然の中でさえ遊ばせていればいいと考えているのではない。

このことをどのように発信していくべきか、ずっと悩んでいました。

telacoya的な保育というのは、海や山に行くことだけを指しているのか?そうしたいのか?

何かが違うということをどう表現すべきなのかと考えていました。

スタッフ間で話し合った結果、私たちが関わる大人として一番大事にしているのは、ありがたい環境に恵まれていることに感謝しながらも、何よりも「子どもたちで育ち合う」ことを見守り、最優先に考えながらも、必要な時にはきちんと方向を示すことが出来るプロの目をなることだというところに行き着きました。

では、それは何のためか?

子どもたちが子ども同士で学び合うことには素晴らしい力があるからです。こんなことは幼児教育に携わっている人たちにはとっくにわかっていることでしょう。

大人の指示で学ぶのではなく、子ども同士の関わり合いの中での学びです。

そのチャンスが日常の中にもいっぱい溢れていますが、自然の中で遊ぶ時にはもっと多くのチャンスがあるということが、telacoya的な保育の特徴なのかもしれません。

遊びの中でも、生活の中でも「決断をする時」があります。

自分で決める。

友だちと決める。

友だちと決めるからには、きちんと一人ひとりが意見を持ち、それを発言し、相手の発言に耳を傾けて、話し合う。そして違う意見も全て大切。その中で折り合いをつける。

このことがtelacoyaでは徹底されています。

内容に大なり小なりの違いはありますが、どの学年でもあります。

例えば、小さいクラスの子どもにも言います。悲しいことや嫌なことがあったその気持ちをしっかりと受け止めつつも、いつまでも泣いている子には「泣くのをやめられるのは自分だよ」って。
泣くのをやめると決めるのは自分。誰にも出来ないこと。

泣くのをやめられたら、それは自分で自分の気持ちを整理して前に進めるチャンスになることを知る。

こう言った場面が毎日たくさんあります。

ある本に書いてあったのは、こう言った「自制心」「困難に出会ってもそこから立ち上がる力」「人とのコミュニケーション能力」などを非認知能力というのだそうです。

では、認知能力とは何か?

テストの点数など、数値で評価される能力を指すそうです。いわゆるその子の勉強の成果を他人にもわかる数値で評価されているものです。

認知能力は反復するなど学習に対する取り組み方次第で上がっていくものです。

では、非認知能力はどのようにして上げて行ったら良いのでしょうか?

これが実は幼稚園、保育園などの幼少期の環境によって身につく能力なのだそうです。その大切な非認知能力への過小評価が今、問題になっていると書いてありました。

要するに、学力を上げるために勉強をする。その学習を根気よく続けるためには「自制心」や「くじけない心」などが必要だと言うことです。

幼少期に大人に決められたものをなんの疑いもなく取り組む子は、一見扱いやすいかもしれませんが、その先に自分で決めて進めたり、止めたり、方向転換をしたりすることをいつ覚えるのだろうか?

しっかりと年齢に応じた決め方、思いの伝え方、相手の思いを知ること、折り合いをつけること、などを育てる環境を作ることが大人の大切な役目だと感じています。

 

 

 

 

2017年度 とっくに始まっています!!!

2017年06月05日(月) | 保育

2017年度 とっくに始まっています。

今年は3月の卒園式翌日から5月中旬まで代表の私が新しい資格取得の為にアメリカに行っていました。どんな資格を取得して来たのかは、後日のブログにアップさせて頂きますが、そんな留守の間に新年度もスタートし、入園式に不在という失礼を許して応援して下さった保護者の皆様には本当に感謝をしております。保護者の皆さんにはアメリカのご報告をさせて頂きました。今はその資格を生かせるように準備中です。

チャレンジは続きますが、どうぞ見守ってくださいませ。

そ、し、て、、、、2016年度もブログアップが大変に少なく、大反省している次第です。

今年はもっとアップしていくようにしっかりと努力する所存です!

まずは、2016年度の卒園式。快晴の空の下、彼ららしい卒園式を作り上げて旅立って行きました。

元気に卒園していった元おひさまたち。元気な一年生になり、それぞれの小学校で頑張っている様子が聞こえて来ます。どの子どもたちも、行った先の小学校で「先生の話を聞く」という最も基本的なことが出来ていると褒められていますが、それって、、、、当たり前でしょ。。。ザワザワとなかなか話を聞かない1年生たちの中で「今何をする時か?」が染み込んでいるtelacoyaっ子は当たり前に話を聞こうとするようです。当たり前だけど、そのことが周りに流されずに出来ているのはやっぱり嬉しいことです。

そして、さらに嬉しいこと。それは多くの小学生たちが「運動会」「土曜参観」などの代休の月曜日にはtelacoyaへ戻って来てくれることです。小学生のtelacoya時代を思い出し私たちは懐かしい気持ちになり、小学生たちは後輩たちを見る優しい目。そして、戻って来てくれた先輩との時間が嬉しくて仕方ない後輩たちの大興奮!とっても温かい気持ちの月曜日となります。

年度が変わり4月から新しいおひさまとして頑張って小さい子たちを守り、引っ張っているおひさまたちも途端に甘えちゃいます(笑)それはそれでとても大事!笑っちゃうくらい甘えます。小学生は「結構頑張ってるもんね」なんて言ってくれちゃって時間がどれくらい経っても先輩は先輩です!かっこいいね。

新しいお友だちを迎えてスタートした2017年度。

今年も数々の伝説を作り上げてくれるだろう子どもたちよ!

どんな出来事も全部楽しみにしているよ!

ドーンとぶつかって来てね〜

 

おひさま劇場

2016年10月26日(水) | 保育

子どもたちがやりたいと始めたこと。

子どもたちがお客さんに見せたいと準備したこと。

子どもたちがお話を考えて、小道具を作って、演じる場所を考えて、歌も歌詞を作って、進めて来た「おひさま劇場」

思えば「練習しますよー」「練習しなくていいの?」なんて大人はたったの一度も言ったことないな。

6月からこの10月までの間、一度も。

今日、おひさまだけで練習していい?

道具作ったけど壊れちゃっているから直していい?

歌を2番といつも間違えちゃうから、もう一度みんなで歌おうよ!

チケット作るのいつやる?

こういう声はいつもいつも子どもたちからだった。

大人がすぐに動かないと、心配になって何度も確認しに来たよね。

 

当日の朝。

一人一人が登園してくると、みんな緊張している。

遊びもどこか上の空。

 

出発前に一度おひさまだけを集めて丸くなってみんなの顔を見るようにとだけ言った。

 

すると肩を組み、顔を寄せ合い、口々に言いだした。

「みんなで力を合わせれば大丈夫だよね」

「失敗したってみんなで助けよう」

「みんなで一緒にやることだから心配しないで大丈夫だよね」

「よし!頑張るぞ!!!えいえいおー!」

 

一人一人の心細さや心配でいっぱいだった気持ちは吹き飛んだみたいだった。

 

そこから会場に向かう道々、歌は劇の最後の最後に唄う歌だからそこはカッコよくね、と声をかける。

すると、歌おう!と子どもたちが歌い出した。

まだ何となく気持ちがふわふわしているのか、何度も間違えてた(笑)

でもその度に大笑い!誰も責めない。あーまたやっちゃったー!あーそうだったそうだったー!と、和気あいあいと歌っている。

 

その様子だけで もう十分なほど「いいなぁ」と思った。

 

会場に着く。そこは広い芝生の上。後ろは海。ちらちらとお客さんが座っている。

 

一回、お客さんの席の周り走って来たら?と声をかけると わー!!!!と走り回る(笑)

 

そして、準備を始める。やっぱりまだ緊張してるなー!伝わってくるよ、ドキドキが!

おひさまの準備の間に、海ちゃん、お山ちゃんが前座のダンスを見せてくれた(笑)

おひさまも準備しながらそれを覗き見て笑い出し、ほぐれる緊張。

 

そして、いよいよ開演。

最初から最後まで子どもたちでやり切った。

 

終わってから、たくさんの嬉しい感想をお客さんから頂き、本当に嬉しそうな表情のおひさまたち。

 

お配りしたチケットには皆さんに感想を書いて頂いた。

お弁当食べながら、1枚ずつ読み上げていくと「何だか嬉しくて涙が出て来そうだ、、、」と。

「一人じゃ出来なかったね」と。

「おひさま全員がいたから嬉しかったんだ」と。

チケットも、1枚1枚手作りだったので、読み上げる前にチケットを見るだけで誰のものか、誰にあげたものか分かっちゃう。

それは頂いた側の海ちゃん、お山ちゃんも同じ。自分がもらったチケットはすぐに分かっていたよね。

それほど大切なチケットだったんだよね。

 

子どもたちのやる気と持っている力を信じて、精一杯そのやる気と力を引き出すことが大人の役目。

 

発表会ありきで、行事ありきでの保育をして来たけれど、子どもたちの見せたい気持ち、やりたい気持ちが熟した時が一番の見せ時。

6月から始めたけれど、夏休み明けには忘れちゃっているのかな?と思ったこともあった。

でも、ちゃんと子どもたちの気持ちは続いていた。だって、まだ出来上がっていないし、誰にも見せていないからって。

9月になってやりたいというので、やってみたら?と時間を作ったら、ほぼ完璧にみんな覚えていた。

自分たちから出た気持ちは本物だよね。

 

来年は発表会したいっていうかわからない。

来年のおひさまには来年の子どもたちにしか出来ない何かがあるはず。

それを見つけて、精一杯引き出してあげたいな。

それが何なのか?今から楽しみで仕方がないよ。

 

今年のおひさま劇場を見て、やってみたい!と思う子。

やりたくないって思う子。両方いるだろうな。

その時、また話し合って決めたらいいよ。

 

大人の思う立派な衣装じゃなくても、立派な小道具じゃなくても、立派な会場じゃなくても

おひさまにとっては、大切な衣装、大切な小道具、そしてみんなにぴったりの会場だったね。

 

翌日、動画を見て 自分たちにいろいろダメ出ししてたね。

そんなおひさまも愛おしいよ!

 

大きな自信になったのは間違いないね。これからもますます楽しみだよ!

 

https-::youtu.be:pAOjZytSYFM

海の運動会

2016年10月07日(金) | 保育

おうちえんtelacoya921には運動会も発表会もありません。

でも、子どもたちからの発信であれば、それを形にするために大人も頑張ります!

今年はオリンピックがありました。子どもたちが興奮して話していました。ゴールの前で転んでも抜かされなかった人がいた、、、バトンを落とした人がいた、、、誰かが頑張っている姿に心が躍っているのがわかりました。

そして、毎年一色海岸で行われるミニトライアスロンの大会「HAYAMAN」
毎年ママやパパが出ていたので、知ってはいたけれど、何よりも今年は卒園児の1−2年生の姿に心が動かされていました。

このミニトライアスロンはスイム、パドル、ランの3種目。1−2年生がそれを一人でやりきる姿に、おひさまは「来年はオレも出るよ!」と言い出す子もいました。

順位じゃない!

やり切った あのカッコイイ1年生、2年生。

僕たちの知っているおひさまだったあのお兄さんたちが、とても辛い顔して泳ぎ終わって海から出てきた。すぐパドルを持ってまた走って海へ。フラフラになりながら戻ってきたら、すぐに砂浜をラン。見たことないような顔をして必死に走っている。そしてゴール。終わるといつもと同じように遊んでくれる。

カッコよかった。本当に。私たちスタッフもみんな涙がこみ上げてきました。

いつものtelacoyaの海遊びでニッパーボードを使ったり、泳げるようになったり、山遊びではトレランごっこをしたりしているおひさまが始めたHAYAMANごっこ。いや、彼らはごっこではなく、正真正銘のHAYAMANをやってたね。

そこで、いつもの「ビーサンフラッグ」(ビーチフラッグのビーサン版)、小学校の運動会を見てマネを始めた「騎馬戦」も入れて「海の運動会」をやろうということになりました。

3つの競技にはそれぞれおひさまの担当者がいて、担当のおひさまは競技の説明、進行などをします。

何度かやっている姿を見て、お山ちゃんにはHAYAMANは結構厳しいのでは??と感じたスタッフ一同。でも、ここで大人が決めてしまうのは筋違い。おひさまに相談しました。今までやってみてどう思う?と。

話し合いの結果。。。

みんなでやりたいと。

そもそも「田んぼチーム」の縦割りのチームがベース。その縦割りのチームの中で自分のチームのお山ちゃんの面倒はおひさまがちゃんと見るからということでした。

お山ちゃんには少々迷惑な話かもしれませんが(笑)どんな時も絶対に助けてくれるおひさまを信じて、懸命に頑張っていました。

「ビーサンフラッグ」

自分のビーサンを砂浜に立てて、スタートラインから走りビーサンを取って戻ってくるゲーム。
スタートのポーズもいろいろですが、子どもたちが決めます。例えば、、、ビーチフラッグのように腹這いで両手を顎の下で重ねてのスタートだったり、仰向けに寝てからのスタートだったりと色々。

毎回違うスタートなので、お山ちゃんたちはそれだけでもドキドキ。

海ちゃんたちは、おひさまに憧れて自分たちで決めます。妙なポーズになることも(笑)

砂浜を全力疾走するって大人はやったことありますか?結構大変なことです。子どもには勝てそうにありません。

お山ちゃんは、人のビーサン持って行ってしまう子がいたりといつも珍道中です。

海ちゃんは、女子が結構早いので、男子頑張れです!

おひさまは、みんな早くなって順位が毎回変わるので、誰にでもチャンスありです。

「騎馬戦」

二人が井桁に手を組んで一人を乗せる所謂「お神輿」と呼ばれるスタイルで、上に乗っている人の帽子を取り合うゲームです。

これも田んぼチームで相談の上、馬を強くするのか、上に強い人を乗せるのかの作戦を考えて臨みます。そうは言っても、おひさま、海、お山ちゃんのメンバー構成です。上に軽いからお山ちゃんを乗せて下を海ちゃんおひさまでがっちり固めるチームもあれば、おひさまが上でどんどん帽子を取るから!と馬をお山ちゃん海ちゃんで構成するチームも。どちらにもメリットデメリットがあることを経験して、おひさまはお山ちゃんを助けながら馬となり、海ちゃんを上に乗せて頑張ってもらうチームも。

上の人が「前に行って!!」と言っているのに馬が動かず、バランスが崩れてしまったり、馬ばかりが勢い出して上の人が落ちないように必死でつかまって帽子を取れずに終わっちゃったり(笑)

毎度ドラマありです。

「HAYAMAN」

田んぼチームの中で、スイム、パドル、ランを決めて、その田んぼチームが4チームずつ合体して、合計2チームで戦います。

最初の頃は、前の人から順番にスイム、パドル、ランと決めてしまって、スイムがお山ちゃん、パドルが海ちゃん、ランがおひさまということが多くて、スイムに任命されたお山ちゃんのプレッシャーったら。。。そこで、話し合って決めることになりました。お山ちゃんにどれをやりたいか聞いて、残りを海ちゃんとおひさまが話し合って決める。

田んぼチームでしっかりやり遂げることが、そのチームの結果にも繋がるわけです。

おひさまは一人で泳ぎたくないというお山ちゃんに付き添ったり、一人でパドルしたくないお山ちゃんに付き添ったりしながら、自分の番もこなすというアイアンマン(本物のトライアスロンに出る人たち)並みのタフさで頑張りました。

 

お山ちゃんは「海の運動会」に出て、一人で走る、一員として役目を果たすだけでもう十分に拍手です。今回、全員がやり遂げました。終わった後、始まる前までの不安そうな顔はどこかへ行ってしまい「楽しかったー」の笑顔が見られました。

海ちゃんは「それぞれの課題」に向かって頑張りました。海が苦手、チームの中で自分の要求、気持ちをどのようにコントロールするか、おひさまを手伝って頑張る海ちゃんの顔は、とても逞しく、終わった後は満足感でいっぱいの「楽しかった!」が聞こえて来ました。

おひさまはまた一つ上のステージに上がったような感じです。責任感とプレッシャーの中で、自分の力も出し切る。頭も心も身体もとても疲れていましたが、きっとその疲れは身体の真ん中でその子の心の芯に刻まれ、一つ上のステージでもまた頑張れる力の源になるような気がします。みんなのために、自分のためにの両方が考えられる立派なおひさまです!

今日の頑張る子どもたちを見て、共に心地よい疲れの中で次への期待が膨らむ私たちスタッフです。

実現出来て良かったね。たくさんの家族が見に来てくれて良かったね。全員でやり切って良かったね。

やり切ったみんながあの1−2年生と同じようにカッコよかったよ。

 

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by sabitori works, original theme by WSC Project. ログイン