動物園行って来ました〜♪

2011年11月25日(金) | 保育

子どもたちがレゴで作る動物園の世界が楽しそうだったので、本当の動物園に行ってみることにしました。
行くのは、金沢自然動物公園。園内は大変に広くてたくさん歩かなくてはなりません。でも!今の子どもたちなら何の心配も要りません。そう決断し計画を立てました。
どうせなら、ちょっとしたプチ旅行気分を味わいながら、バスや電車の交通機関を使って公共のマナーも覚えながら行こう!

こうして迎えた当日。残念ながらKちゃん発熱のため欠席。本当に残念。手厚くマンツーマンの人数でしたが、出来るだけ子どもたちの世界を大切にしながら出発!

朝のいいこといいことでは、キューピーちゃんがバスや電車で大はしゃぎ!というお話だったので、子どもたちは乗り物に乗るまではキャッキャッと大はしゃぎでも「バスに乗ったら?」の問いに「シーッ!」とそれはそれは静かに出来て、小さな声でお話をしていました。私たち大人が打ち合わせ的にちょっと話していても、トントンと肩を叩き「シー!」と注意をされてしまうくらい(笑)
運転手さんにも「ありがとうございました」とご挨拶をしてバスを降り、京急へ。切符を買って一人ずつ改札を通り、電車に乗りました。ここでも「シー!」の連発。無事に金沢文庫に到着。バス→電車→バスの行程を伝えておいたので「次はまたバスだ!」とちゃんと分かっていました。

この辺りから余裕?が出て来たのか窓側の席の取り合いが 始まりました。モメているHちゃんとNちゃんに「ちゃんとお二人で交渉してごらん?お話ちゃんとしてごらん?」と声をかけるとHちゃんに向かって「コショコショコショ」とNちゃん。そして「したよ〜」あっ「コーショーね(笑)」もう一度「お二人でちゃんと話し合ってね」と言い直すと側にいたMちゃん「お二人とももっとこちらに来てもいいですよ」と「お二人」を使ってMちゃんなりのアドバイス(笑)コーショーの結果、Hちゃんは行きに、Nちゃんは帰りに窓側の席を譲ってもらうことで納得。素晴らしい!

そんなうちに動物園近くのバス停に到着!たくさんの矢印が動物園へと導いてくれるので、ワクワクします。

動物園に入るとこれまた入場券を買うゲートまでが遠い。「あっ!何かいる!」と駆け出すも出てくるのはオブジェばかり(笑)「これ本物?動かないね」十数頭のオブジェとの出会いと別れを繰り返し、やっと入場券を購入。そして入ったのが「仲良しトンネル」ここも人形の世界。トンネルを抜けるとまたオブジェ(笑)引っ張るな〜

少し歩くとダチョウの仲間がいました。しかし!全員地面に座っていてオブジェみたい(笑)置物のようで、立ち上がってくれず、本当の足の長さや大きさの凄さも感じられず、子どもたちにとっては感動も薄いままに次の動物へ。

次はオオツノシカなどがいて、やっと「動いてる!これって本物?」とちょっと感動。でも、みんな岩山の上の方にいてちょっと遠い。「ヨシ!次へ行こう!」とまた歩き出しました。するとちょうど岩山の裏手に上がることが出来て、すぐ側で見ることが出来ました。お父さん、お母さん、赤ちゃんの家族のようでした。

次は、バク。カラスにおしりを突つかれてもジーッと動かない。時々口元がむにゃむにゃと寝言を言っているみたいに動く程度。でも、こちらはあんまりのおもしろい顔にみんなで笑ってしまいました。Mちゃんはずっとブタだと思っていました。

次はヤギ、ヒツジ、ポニーのコーナー。ここでは「こんにちは〜」とヤギに駆け寄ったものの、柵から顔を出したヤギにビビリ後ずさりのMちゃんを尻目に、後から来たHちゃんは「あっかわいい」とすかさず背中をさすり私たちの方がビックリ。Nちゃんも「Mちゃん怖くないよ!ほらこうやって触ればいいんだよ!」と実演してくれます。でもやっぱり怖い!!遠目に見てたMちゃんでした。みんなで手を洗い、次の動物へ。

11時20分からゾウの調教の説明があるので、それを目指していましたが少々遅れ気味。始まっている声がします。みんなで坂を駆け上がり間に合いました!
ゾウのようこちゃんが座ったり、寝転んだり、人を乗せたり、ご飯を食べてみせてくれたり、足の裏をゴシゴシ洗ってもらっていたりといろいろな姿を見せてくれました。あとから大きな牙のボン君も出て来て、じっくりと見ることが出来ました。ニスでコーテイングされている「ゾウのウンチ」を「わぁ!」と触ってみたのはNちゃん。やっぱりビビったのはMちゃん。これに触発されたのか「ウンチ〜」と自分が うんちしたくなってしまったHちゃん。トイレへ急ぎます(笑)Nちゃんは「おしっこも見てみたい!」とゾウの前で粘りましたが、そうタイミング良くは出してもらえず。

みんなでトイレに行き、次はテナガザル。高いところから誰かさんたちみたいに(笑)指をくわえてこちらをじっと見ているテナガザル。大人も子どものみんなで猿っぽい声を出して呼んでみました。すると!見本のように上手に木を渡りながら、すぐ側までやって来てくれました。そして、また指をくわえてじーっと見るのです(笑)HちゃんとMちゃんも指をくわえてテナガザルと 見合っていました〜

そして次はツル。ツルよりも日本庭園風になっている飼育場の水車が壊れて回らないことが気になるNちゃんでした。
道々にキレイに色づいた葉っぱが落ちていて目を奪われていました。これだけでも楽しいのに時間が足りないよ〜

やっとキリンに会えてホッとしたのか「お腹空いた〜」とのこと。もうすっかりと12時を回っています。クロサイの近くの温かい日向でお弁当を食べました。クロサイの赤ちゃんが生まれたとのことで、食べ終わった人から見学に。もうだいぶ大きくなっていて「赤ちゃん」には見えませんでしたが(笑)

あっという間に時間が過ぎて帰る時間。来た道を戻り、バス停へ。バスを待つ間におやつのクッキーを食べました。帰りの電車の中では寝たふりしたり散々戯れ合ったあと、なぜか帽子やリュックを取り替えっこ。取り替えた相手になりきって名乗ったり、その子の得意な歌を披露したりしていました。何だかほのぼの仲良しで羨ましいくらいでした〜

素晴らしく予定通りに園に戻り、残りのクッキーを食べ、クリスマス飾りを作ったりとのんびり過ごしました。

今回見切れなかったコアラのいるオセアニア区やアスレチック広場などにも進級したら行きたいなと思っています。大きいクラスのまだいないtelacoyaでは全行程バスと電車はどうかな?と思ったりもしましたが、拍子抜けするくらいおりこうさんだった子どもたち。まったく何の問題も無く、本当に楽しく行ってくることが出来ました!!

「一緒」に経験することでまたひとつ「絆」が強くなって来たな〜と感じました。

 

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by sabitori works, original theme by WSC Project. ログイン