子ども同士で育ち合うこと

2015年11月20日(金) | 保育

telacoyaでは、常に「子どもたちとってどうなのか?」「大人の都合や目線になっていないか?」を考えます。

子ども同士で育ち合って欲しいと願っていても、それに向けて脚本を大人が作るわけには行きません。

でも、必ず「子ども同士で育ち合う場面」が生まれます。ここか!?というところで出くわします(笑)

その度に、ああ、日々の保育間違えていなかったな。。。と後から再確認すること、とても多いです。

わがままじゃない?

少し、長い間お出かけをしてお休みしていたお山ちゃん(年少児)のAちゃん。

しばらくぶりだし、日常が戻るまで少々時間かかるかもね、と大人は数日の間 様子を見ていました。

そんなある日。いつもの山の休憩場所で、お水を飲むのが遅くなり、次への出発に少々手間取りました。それでも、みんなの後ろ姿はちゃんと見えているので、追いかければ済むこと。よくあることです。いつもならニコニコ追いかけていきます。

でも、この日のAちゃん「みんな 待ってて〜〜〜」と泣き叫び、手が動きません。

追いつくものも追いつかなくなってしまう状況。

なんとか、急いで支度をして追いかけ、涙はパッと引っ込みました。

そして、次はお昼の準備。シートにサッと座って準備を進めることにまたまた出遅れました。telacoyaでは、空いているところを自分で見つけて座ります。おひさま(年長児)が手拭きタオルを配り、手を拭いた人から「いただきまーす」と食べ始めます。

でも、その日のAちゃん。「Bくんの隣に座りたい!!!!」の一点張り。すでに食べ始めているみんなにそれをアピール。

みんなが「こっち空いてるよー」と空いているところをいろいろ伝えるも「ここがいい!」と動きません。Bくんも、その両隣の子も、みんなお弁当広げて食べ始めているので、動くに動けず、あっち空いてるよとアドバイスするのみ。

他のみんなも食べながらも、どうしたものか?と困っていました。大人は、子どもたちがどうするのかを見ていました。

どこかで諦めて空いているところに行って食べ始めるかな?と思って見ていましたが、頑として動きません。

食べ終わりそうな子も出てきました。それでもAちゃんは「ここがいい」と泣いて動きません。

「わかったよー」とBくんの隣にAちゃんのスペースを空けるべく、全員がズリズリ横に移動。お弁当をひっくり返したり、色々になりながらも場所を空けました。

やっとAちゃん食べ始めます。

そんな訳で、食べ終わるのも遅くなり、次の移動の際、食べ終わっていないということに。

その日はそこの山の上から、逗子海岸まで行って、逗子海岸で遊びたいというのが、散歩コースを決めた子どもたちの理由でした。しばらくは、山の上で遊んでAちゃんを待ちました。でも、一向に急がない。一向に終わらない。

終わった??と何度か聞きに来る友だちに「まだー」とAちゃん。

このままでは、逗子海岸に行って遊ぶ時間はなくなってしまいます。「どうする?先に行ってる?」「後から追いかけるよ」と待っている子どもたちを話しているのを聞いたAちゃん。「ダメーーーーまだ行かないでーーー」と大泣き。

Aちゃんに「私が待っているから、後から一緒に行こうか?」と聞いても「ダメーーー」と大泣き。

「じゃ、このままみんなにずっと待っててもらうの?もう大分待っていてもらっているの分かってるよね?」

「うん」

「だから、後から行こうよ」

「ダメーーーー」

子どもたちからも、「逗子海岸で待っているからさ、来てね」という声も出てきて、先に出発してもらうことに。

大泣きに泣いて、なんとか終わって追いかけます。

遅れること、20分以上。逗子海岸が見えてくると「あー!Aちゃん来た!」と駆け寄ってくれる友だち。

「ほら、待っていてくれたよ。良かったね。」

「うん、ありがとう」

たくさん遊んでの帰り支度。

またまた出遅れ気味になり、あれが出来ない、これが出来ないと大泣きのAちゃん。いつもなら出来るのに。とても上手に。

今日はよく泣いちゃうね、、、と、海ちゃん(年中児)のCちゃんが手伝う、おひさま(年長児)のDくんも手伝う。

海ちゃんのEくんが「あのさ、泣いていても出来ないよ。やっちゃおうよ」と声をかける。

「だって、だって、、Cちゃんがやっちゃったからー」と泣く。

Cちゃん「え?Cは、出来ないって困っているから手伝ってあげただけなのに、、」と困り顔。

「Dくんだってやっちゃったー。一緒にやりたかったのにーー」と泣く。

Dくん「ちょっとちゃんと聞いて、靴がないって泣いてるから、ここに持ってきてあげただけでしょ」

「そーだけどーー」と泣く。

これから50分くらい山登って帰らなければならない子どもたち。

みんな準備万端、リーダーも人数かぞえを終えて出発をするのみ。

Aちゃん、まだまだ準備出来ていない。

今日は、ゆっくり付き合うか、と思いながら「みんな先に帰っていていいよ。私また後から一緒に追いかけるから」と子どもたちに声をかける。

「ダメーーーーーーーーーー」と大泣きのAちゃん

みんなは出発しかけるも、あまりの大絶叫に全員戻ってきた。そして、みんなでAちゃんを囲む。全員で囲む。

「ねぇ!泣いているだけで支度しないと、後からだって出発出来ないよ!」

「何が出来なくて泣いてるの?泣いていても仕方ないよ。何が出来ないか言ってみて」

「やってあげようか?」

「ヤダーーーー」とまた泣くAちゃん

こんな繰り返し。

いい加減に私も「ねぇAちゃん、これは わがままっていうんだよ。手伝ってもらうのもイヤ、先に行っちゃうのもイヤ、ただ泣くだけ。それはずるいよ。だから、みんな 待たなくていいから。私が待つから。みんなは、これ以上遅くなったら、おやつ食べる時間もなくなるし、先に行っておやつ準備しておいて。間に合わなかったら、食べていていいから。必ず行くから。」

すると、おひさまの男の子数人が「いいよ、おやつ食べなくても」と。

それを機に「いいよ、おやつ食べられなくても、待ってるよ」「だから、早くお支度して!ね、Aちゃん!」と子どもたちが口々に言い出した。

「え?本当に?全員おやつ食べられなくなっても、いいの?Aちゃんのこと待ってるの?」

「そう」怒ってもいない、笑ってもいない。Aちゃんを信じる顔。

大人のこっちが泣けて来た。

「Aちゃん、みんな、おやつ食べなくてもいいって。それでも、Aちゃんと一緒に帰れるように待ってるって。どうするの?それでも、ただ泣いているの?今、Aちゃんがするべきことは、泣いてること??」

「違う。お支度する」

ここからは、早かった。

全員でここから走って帰れば、みんなおやつ間に合うかも!?!?ということで、みんなで山道ダッシュ!

全員おやつを無事に食べられましたとさ。

そして、、、、、、

数日後。Aちゃんのお母さんから。

本人が わがまま言いすぎたと言ってること。

みんなに合わせる顔がないような「後悔」をしている発言があることを伝えてくれました。

 

しっかりとAちゃんの心に伝わっていて嬉しかったです。

 

骨折した友だち

お家で転んで右腕を骨折してしまったFくん。

子どもたちに伝えると「え?どうなってるの?包帯?」「どっちの手だろう?右だったらご飯食べるの大変だ!」などと心配していました。

右だって、と伝えると「エーーー!」

そこで、みんなで右手をTシャツの袖から抜いて隠して、左手だけで散歩の支度をすることにしてみました。

やってみると。。。。。

「帽子がかぶるの大変だった」

「リュック背負うのが難しかった」

「トイレが難しいよね」

「帽子の紐がうまくできない」

いろんなことが分かります。

「あ、水筒開けられないんじゃない?」

「お着替えはどうするんだろう?」

「みかんむけるかな?」(笑)

出来ないんじゃないかな?と思うことへの想像が広がります。

Fくんがtelacoya来たらさ、手伝うよ!

僕も、私も!

相手の気持ちになること。

大人も出来たら、、、、戦争なんて起きないのにね。

 

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by sabitori works, original theme by WSC Project. ログイン