雪雪雪雪 大雪〜

2014年02月20日(木) | 保育

近年稀に見る大雪!
前回の雪が溶けないうちに、また降り積もるなんてことは記憶にありませんね。
この辺りで一時の事だから楽しい雪遊びで済みますが、日常が分断されて大変な災害となってしまった地域の方には、心よりお見舞い申し上げます。

子どもたちにとっては来る日も来る日も雪遊びの出来る状況。
なかなか無い経験です。
毎日毎日カッパが泥だらけになり、その名も「チョコカッパ」元の色が見えないくらい全身チョコレート色に。
それを翌日の為に夜何回も繰り返し洗って下さった保護者の皆様!本当にありがとうございます。

雪も溶けた泥も何もかもが楽しくて夢中になって遊び、ふっと気付くと「冷たーーい」「手が痛ーーーい」と意気消沈。泣いたりも。。。
でもまた復活して遊び出す。

雨でも外で遊ぶtelacoyaの子どもたち。カッパの装着もとても早くなっています。
今回の大雪のおかげでいろいろ学んだ子どもたち。
長靴はいても雪が入って来たら冷たい。カッパの裾をかぶせるといい。どうせ濡れるなら靴の方が歩き易い。
気合い入り過ぎて、カッパ来て、手袋つけちゃったら、靴が履けない(笑)
手袋は最後だ!とか。

そして、学んだのはtelacoyaに戻って来てからはどうするか???

手がかじかんで上手く動かない。カッパも上手に脱げないな。
ぬるま湯で手を温めると「は〜手が溶けて来た〜」と笑顔になって支度が進む。

遊んだ後は、雨の時より大変〜
でも来る日も来る日も「雪で遊ぼう!」「まだあるかな?」と準備をして出かけて行く。
やっぱり「楽しい!」の方が上回るんだよね〜

Powered by WordPress, WP Theme designed by sabitori works, original theme by WSC Project. ログイン